安全性

プラセンタってどんなもの?

「プラセンタ」とは、もとは「胎盤」を表す英語です。
しかし、サプリメントなどの紹介でいわれる「プラセンタ」は、胎盤から抽出した有効成分のプラセンタ・エキスを表しているようです。

プラセンタの効能に最も古く注目したのは、古代ギリシアの医学者で医学の父と呼ばれるヒポクラテスで、紀元前4~5世紀のことです。
クレオパトラやマリー・アントワネットなどの絶世の美女たちも、プラセンタを美容目的に使ったと言われています。
美容だけではありません。負傷したときの治療薬としても用いられていたようです。

プラセンタがなぜ医療や美容の目的で使用されるのかというと、プラセンタには細胞分裂をうまくコントロールする成分が含まれていることにあります。
この成分を、「グロスファクター(成長因子)」、または「細胞増殖因子」 といいます。
グラスファクターは、従来は胎児が子宮の中で正しく成長するために必要とされるものです。

つまり、プラセンタは古くなって弱った細胞や怪我などで壊れた細胞から新しい細胞を作り出すのを助ける働きがあると考えられます。

最近の研究では、プラセンタは、細胞の再生に働きかけるばかりでなく、血流、情報伝達物質、ホルモン分泌の調整を行うなどの効果も認められています。
そこでプラセンタは、肌をきれいにしたり、体の調子を整えたり、体中の機能を改善して生き生きとした生活へと導いてくれます。

このページの先頭へ