安全性

細胞を作るのに不可欠なプラセンタ

古代ギリシャ時代から、西洋・東洋を問わず医療や美容に用いられていたプラセンタは、新しい細胞を作り出すのに不可欠の成分です。
なぜなら、プラセンタは赤ちゃんを育てる胎盤から抽出された成分だからです。

赤ちゃんは、たった1個の細胞がお母さんの子宮の中で猛烈な勢いで分裂を繰り返して、この世に生まれてきます。
胎盤は、もともとは赤ちゃんと同一の1個の受精卵からできています。
卵子は受精すると子宮壁に着床するのですが、着床すると子宮壁に着いた部分が胎盤に形成されていきます。

生命の不思議ですね!
この胎盤と赤ちゃんがへその緒でつながれているのは、ご存じですね。

胎盤はへその緒を通じて、赤ちゃんに栄養を送ります。
そしてそのとき、赤ちゃんに送るのは栄養ばかりではなく、赤ちゃんの細胞分裂が正確にそして早く進むようにグロスファクター(成長因子)の送るのです。
そこで例えば、内紛があって極端に貧しい国や地域などで母親の栄養状態が著しく悪くても、赤ちゃんは正常に育って生まれてきますね。
これは、このグロスファクターのおかげと言われています。

以上のように、プラセンタは、新しい細胞を作り出すのに不可欠の成分です。
そこで現在では、その成分を抽出して医療や美容に応用しているわけです。

もともとわたしたちの体内にあるコエンザイムQ10という成分は、加齢とともに減少していってしまうのでサプリメントなどで補充してあげる必要があります。
補充するのにおすすめのコエンザイムQ10サプリメントがこちらにありますのでご覧ください。

このページの先頭へ