安全性

プラセンタの抽出法は?

美容・健康に効果の高いプラセンタには幾とおりかの抽出方法があります。
そして、その抽出方法によって、その効果が大きく変わります。
そこで、ここではプラセンタの主な抽出方法を紹介します。

1.加水分解法
塩酸などの酸を使って動物の胎盤の細胞膜を分解し、有効成文を抽出する方法です。
分解するときに有効成分も多少分解されてしまうのが難点です。

2.酵素分解法
動物の胎盤を低温処理した後、酵素によって分解し、成分を抽出する方法です。
加水分解法に比べて、温度や圧力などの環境を著しく変化させないので、プラセンタに含まれる成分が損なわれにくいと言えます。

3.凍結融解法
動物の胎盤を急激に凍結し、解凍することで細胞膜を破壊し、成分を抽出する方法です。
比較的簡単に行え、コストもかからない方法ですが、濃度の薄いプラセンタエキスしか抽出できません。

4.凍結酵素抽出法
凍結融解法の難点を改良し、加工工程での熱や圧力によるストレスを酵素の力で補って、成分の抽出率を上げています。

5.分子分画抽出法
動物の胎盤の細胞から抽出したい有効成分だけを分子量や分子サイズに分けて抽出する方法です。
特殊なフィルターを使って、狙った成分だけを壊すことなく高濃度で抽出できますが、コストがかなりかかります。

6.細胞培養法
スイス・ドイツのみで行える方法で、プラセンタ細胞をより生きた状態で抽出できます。
そこで、代謝活性率が他の方法より10倍~20倍高いと言われますが、コストはもっともかかります。

このページの先頭へ